動画配信サービスは好みのジャンルが充実しているかで決めよう

動画配信サービス ジャンル
数多くの動画配信サービスが日本国内でも登場していますが、互いに競争環境が整ったことで差別化を図るようになっています。

では、数ある動画配信サービスの中でどのような点に注意して選べば良いのでしょうか。

月額定額制で視聴可能な本数に注目しよう

動画配信サービスは、1本いくらという個別課金制と月1,000円~2,000円程度で指定のコンテンツ見放題プランの2種類を組み合わせたサービスが多いです。

なぜなら、衛星放送としてスカパー!がありますが、基本料金390円に加えてチャンネル契約をしてペイパービューと呼ばれる個別購入制度が既にあったからです。

動画配信サービスにも月額定額制とペイパービューと同じ仕組みを採用すれば、受け入れられやすいと考えられます。

衛星放送とは異なり専用設備を必要としない手軽さから、月額定額制で視聴可能な動画の本数が多いほど、最初に加入する動画配信サービスとして適しています。

視聴したいジャンルが充実しているか事前に確認する

視聴したい動画コンテンツは、レンタルビデオと同様にジャンル分けした上で掲載されているので、事前にどのような動画を視聴可能か動画検索を利用すると良いです。

ジャンル別の見放題動画の数が分かれば、動画配信サービスごとに得意とするジャンルをある程度確認出来ます。

洋画・邦画・Vシネマ・海外ドラマ・アジアTVドラマ・アニメといったジャンル別にどの部分を手厚くコンテンツ登録しているかチェックして比較すると良いです。

一度加入すると最低利用期間内は継続利用しなければならない動画配信サービスがあるので、動画コンテンツ内容を確認出来ないサイトは回避する必要があります。

決済方法として複数の手段が用意されているか確認しよう

動画配信サービスは、レンタルビデオ店とは異なりインターネットを経由した配信を行うので、各動画には見放題コンテンツを除いて視聴期限が付きます。

レンタルDVDは指定期限内に返却しなければ、延滞料金を加算されてしまいますが、返却の必要が無い動画配信サービスならば延滞料金の心配が不要です。

日本国内ではDVDやブルーレイ化されていない海外ドラマであっても、動画配信サービス限定で公開されているものがあるので気になる作品があればすぐに見たいと考えるでしょう。

動画配信サービスの決済方法は、クレジットカードが一般的ですが、中には視聴者を増やすために他の決済方法として電子マネー払いやプリペイドカードを使用できる所があります。

クレジットカードのみしか適用出来ない動画配信サービスよりも、加入者の裾野を広げている動画配信サービスならば、コンテンツ内容も充実しているはずです。